知っておきたいカラダのこと。これからの自分を守るため
  • 患者・ご家族の方へ
  • 勤務医・開業医の方へ
  • 研修医・医学生の方へ
  • 心臓血管疾患の基礎知識
  • 最新情報はこちらから
  • 交通・アクセスのご案内
  • 最新情報はこちらから
  • 当科では全手術データをNCDに登録しています。患者情報は全て匿名化され、個人情報は保護されます。登録を拒否することも可能です。詳しくは担当医にご相談下さい。

心臓血管疾患とは?

心臓血管疾患は、症状が無いまま病状が進行して、症状が現れたときには重症となり、時には死に至る大変危険な病気です。しかし、どんな病気があって、どんな症状で、何が原因かという知識を持つことで予防や対策ができるのです。

心臓血管疾患とは?
心臓血管疾患とは?

虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)

心臓は冠状動脈と呼ばれる血管から心臓を形づくる筋肉(心筋)に血液が供給されることで、心筋が収縮、弛緩して拍動することで血液を全身に送り出すことが出来ます。
冠状動脈は動脈硬化によって狭窄や閉塞を生じ、心臓にいろいろな不具合を生じます。冠状動脈が狭くなり必要なだけの血液が供給できないことで胸部の圧迫感や痛みが起きてくる状態を狭心症、冠状動脈が完全に閉塞して血液が途絶、心筋が壊死(血液がないことにより破壊される状態)に陥ったのもを心筋梗塞といいます

虚血性心疾患 動脈硬化の進行
虚血性心疾患 動脈硬化の進行
このページの最上段へ

狭心症(きょうしんしょう)

動脈硬化によって冠動脈に狭窄が生じ、心臓に必要十分な酸素が行き渡らなくなった状態です。高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙、A型性格などが動脈硬化を進行させやすいといわれ、これを「動脈硬化の危険因子」といいます。

坂道、階段の昇降など、体に負担をかける(労作)によっておきる胸苦しさや圧迫感、締め付けられるような感じが典型的な症状です。しかし、食後の満腹時、喫煙時、急な温度の変化などで発作が起きることもあります。また、胸の症状ではなく、肩こりやお腹の不快感として自覚する場合もあります。発作が頻回になったり、安静時にも起きるようになると「不安定狭心症」という危険な兆候です。

カテーテル(経皮的冠動脈形成術-PCI-) :
狭心症に対してはカテーテルによる治療=経皮的冠動脈形成術(PCI)が可能かどうかを検討します。 この治療は循環器内科医によって行われ、大きな手術を必要としない身体への負担の少ない治療法として広く用いられています。 カテーテル治療が適さない場合には、冠動脈バイパス術で治療を行います。
冠動脈バイパス術(CABG)※左図参照 :
当科では年間120〜150件のCABG が行われています。
オフポンプ(Off Pump)CABG :
以前のCABGは全て体外循環という装置を用いて、心臓を停止して(on pump)行っていましたが、最近ではそのような装置を用いず、心臓を拍動させたままでCABGをおこなう技術が進歩してきました。 これをoff pomp CABG(OPCAB)といいます。身体の負担を少なくする、手術の合併症を少なくする効果があるといわれています。 当院では患者さんの状態に応じてon pumpかoff pompかを選択しています。
低侵襲体外循環法 :
また当科では、極力、身体への負担を緩和できる体外循環を開発して、臨床応用しています。

「危険因子」を取り除き、健康な生活を送ることが大切です。
以下に例をあげます。
① 禁煙をする
② 塩分、糖分、脂肪分を抑える
③ バランスの良い食事を摂る
④ 適度な運動(有酸素運)を続ける
⑤ 規則正しい、疲労の残らない生活を心がける
⑥ ストレスを避ける
⑦ 強い胸痛を感じたら直ぐに専門医へ
⑧ 定期的に健康診断を受ける

狭心症(きょうしんしょう)
このページの最上段へ

心筋梗塞(しんきんこうそく)の合併症

心筋梗塞に陥った場合は、CCUなど専門施設に収容され循環器内科医の治療を受けます。

冠動脈が完全に詰まってしまうと、心臓を形作っている筋肉は腐って(壊死)しまいます。原因は狭心症で述べたような動脈硬化の進行です。

狭心症の発作とは異なり、安静や薬物でも症状は改善しません。すぐに専門施設を受診する必要があります。

一刻も早く詰まっている冠動脈の血流を再開する(再疎通療法)治療が必要です。カテーテルによる治療が最優先となります。
しかし、残念ながら心筋梗塞が確定してしまうと、以下に述べるような「心筋梗塞の合併症」が生じることがあり、中には急いで手術をする必要がある場合もあります。心筋梗塞に合併する以下のような不都合が生じた場合には心臓外科治療が必要となります。

緊急を要するもの
  • 1. 左室自由壁破裂
  • 2. 乳頭筋断裂による僧帽弁閉鎖不全
  • 3. 心室中隔穿孔
続発して進行するもの
  • 1. 左心室瘤
  • 2. 虚血性心筋症

虚血性心筋症(きょけつせいしんきんしょう)は、
心筋梗塞によって心臓の能力が著しく低下し、心不全に
陥るものです。 心臓移植が必要になるほどに重症化します。
最近では左心室形成術が行われます。
当科は左心室形成術が施行できる日本における中心的な病院のひとつです。

狭心症の項で述べたように動脈硬化の進行しやすい「危険因子」を取り除くことが最大の予防法です。

心室中隔心筋症の一例

心室中隔心筋症の一例

虚血性心筋症の一例

虚血性心筋症の一例

このページの最上段へ

川崎病(かわさきびょう)

小児で発熱や発疹などを主な症状とし、全身の血管にも炎症が長く 続く病気があり、川崎病、またはMCLSと呼ばれ、子供の心筋梗塞の原因となる代表的な疾患として有名です。

冠状動脈の重要な部分に著しい狭窄が生じた場合には、冠動脈バイパス術が必要となることがあります。 当科は川崎病に対する冠動脈バイパス術を多数行っている、日本有数の施設です。

早期に専門小児科医による正確な診断と適切な薬物治療を行うことが重要です。それによっても、冠状動脈の重要な部分に著しい狭窄が生じる場合があります。

川崎病の心臓

川崎病の心臓

弁膜症(べんまくしょう)

心臓には、血液が逆戻りせずスムーズに灌流するように4箇所に弁があります。
その内、 僧帽弁、大動脈弁に閉鎖不全(逆流)や狭窄が発生することが多く、それらが進行すると三尖弁逆流が生じることもあります。

弁の変形の仕方(病変)や病状によって弁形成弁置換術が行われます。

弁置換に用いる人工弁は長足の進歩を遂げましたが、残念ながら、未だ、理想的な人工弁はなく、出来るだけ自分の弁を修復する弁形成術が積極的に試みられています。
当科では積極的に弁形成術を行っています。

機械弁 生体弁 ステントレス生体弁
機械弁 生体弁 ステントレス生体弁
  最近用いられている人工弁の例  
このページの最上段へ

大動脈瘤(だいどうみゃくりゅう)

大動脈瘤は全身の大動脈のどの部分にも発生しますが 腹部大動脈、胸部下行大動脈、胸部上行大動脈、弓部大動脈などが好発部位です。

破裂が切迫したり、破裂に至るまで症状がないことが特徴ですので破裂の可能性が生じる大きさになれば、手術をする必要があります。目処は胸部大動脈で直径6cm、腹部大動脈で5cmですが最近ではそれぞれ、5cm、4cmを目処とする専門医が多く当科でもその方針です。
ステントグラフト治療を積極的にとり入れています。

胸部上行大動と手術の一例

胸部上行大動と手術の一例

大動脈解離(だいどうみゃくかいり)

大動脈の壁は、ベニア板のように3層の膜が合わさったような仕組みで成り立っています。その壁の一部が急に剥がれる病気を大動脈解離といいます。

剥がれる場所が心臓に近い場合、破裂する危険性が極めて高いので、一刻を争って緊急手術とします。
剥がれる場所が心臓から離れている場合には、降圧治療を行いますが、拡大が著しい場合には手術が必要となります。

急性大動脈解離と手術の一例

急性大動脈解離と手術の一例

このページの最上段へ

先天性疾患(せんてんせいしっかん)

代表的なものとして心室中隔欠損(しんしつちゅうかくけっそん)、心房中隔欠損(しんぼうちゅうかくけっそん)、動脈管開存(どうみゃくかんかいぞん)、心内膜症欠損(しんないまくしょうけっそん)、ファロー四徴(ふぁろーしちょう)、大血管転位(だいけっかんてんい)、大動脈縮窄(だいどうみゃくしゅくさく)などがあります。
「呼吸が荒い心不全の症状が強いもの」、「チアノーゼ(顔色が紫色)が強いもの」の2つのタイプに大別することができます。手術には以下があります。

  • 解剖学的根治手術 : 正常の心臓の状態、またはそ れに近い状態に修復する
  • 機能的根治手術 : 正常の心臓とは異なるが血液の 流れは正常に近くなるように修復する
  • 姑息手術 : 症状緩和や将来、根治手術が可能とな るような状態にするための当面の手術

などがあります。

心房中隔欠損(しんぼうちゅうかくけっそん)

頻度の多い先天性疾患です。成人になるまで気付かないこともあります。症状は軽いですが、放置すると将来、重症な合併症を招き経過が悪くなります。

精密検査をして中等症以上であれば学童期までに欠損口を閉鎖します。手術のリスクは1%以下です。他に合併症がない限り、手術後は正常人と同等の経過を辿ります。

心室中隔欠損(しんしつちゅうかくけっそん)

最もよくみられる先天性心疾患です。重症の場合は乳児期に手術をする必要があります。5歳ぐらいまでに自然に閉鎖することがあります。症状が軽く、発育に支障のない場合には、その時期まで経過を見ます。
症状が軽い場合は学童期までに手術をします。

自然閉鎖の兆候がなく、欠損口と逆流する血液量が一定以上であれば手術が必要です。逆流する血液量が少なくても、欠損口の位置によっては、また、感染性心内膜炎を合併する場合には手術が必要です。
欠損口が小さく合併症がない場合は手術の必要はありません。

心室中隔欠損(しんしつちゅうかくけっそん)
このページの最上段へ

動脈管開存(どうみゃくかんかいぞん)

胎内では開存しているものが生後数時間以内に自然に閉鎖します。しかし、閉鎖せず開存する場合があります。新生児期に薬物で閉鎖を試みることがあります。それ以降も開存する場合には、大小に関わらず閉鎖術が必要です。カテーテルでの閉鎖も試みられていますが手術が原則です。

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)

チアノーゼ(紫色の顔色)を認める先天性心臓病の代表です。

6ヶ月から2歳ぐらいの間に根治手術を行います。
しかし、新生時期、乳児期早期に症状が強い場合や、根治手術を行う条件を満たさない場合は、動脈と肺動脈をつなぐシャント手術を、まず行います。それ以後に根治手術を行います。
リスクが皆無とはいいませんが、比較的安全度の高い手術ができるようになりました。
手術後に肺動脈弁閉鎖不全や狭窄などが残る場合があります。

大血管転位症(だいけっかんてんいしょう)

チアノーゼの心疾患の代表的なもののひとつです。
大動脈と肺動脈が完全に入れかわった状態で、赤ちゃんは長く生きることができません。

新生時期に肺動脈と大動脈をつなぎかえる手術をします。
(大血管スイッチ手術=ジャテン手術)

大動脈と肺動脈を切断
大動脈と肺動脈を切断
新しい大動脈の繋ぎ換え
新しい大動脈の繋ぎ換え
肺動脈の繋ぎ換えと冠動脈の移植
肺動脈の繋ぎ換えと冠動脈の移植
このページの最上段へ

総肺静脈還流異常(そうはいせいみゃくかんりゅういじょう)

正常の肺静脈は左心房へ繋がり、肺で酸素を多く取り入れた血液(動脈血)の全てが左心房へ還流します。肺静脈の全てが上下大動脈や右心房に繋がり、動脈血が異常に還流する状態を総肺静脈還流異常といいます。

新生児期に緊急、または準緊急に手術な代表的な疾患です。

左室低形成症候群(さしつていけいせいしょうこうぐん)

大動脈、左心室、僧帽弁が欠如または高度に発育不良な状態です。
緊急的に手術をしなければ、生後まもなく死亡します。
手術は何回かに分けて行う必要があります。

Norwood手術を行い、その後、何度かに分けて、最終的に機能的根治手術に至ります。まだ、手術の成績は不良ですが、当科では成功例があります。

Norwood手術

機能的根治手術(きのうてきこんちしゅじゅつ)とは

先天性心疾患は、欠損部や狭窄、大血管の接合異常を修復して正常の心臓にする、または、その状態に近づけるのが最終的な目標ですが、複雑な心臓奇形ではそのような目標に至れない場合があります。
しかし、そのような場合でも、心臓の構造は修復できないまでも、血液の流れは正常状態に近づけることが出来ます。
そのような手術を機能的根治手術といいます。当科でも多くの機能的根治手術を行い、成果を挙げています。

機能的根治手術の例

機能的根治手術の例

このページの最上段へ

不整脈(ふせいみゃく)

ペースメーカー : 脈拍が遅くなりすぎると脳の循環が不良になったり、心臓への負担が強くなり心不全に至ることがあります。
そのような場合、ペースメーカーによって症状が改善します。また、突然死の原因となる重症心室性不整脈に対して、特殊なペースメーカ(ICD)を植え込むことで、突然死を防ぐことが出来ます。
その他にも特殊なペースメーカーによる両室ペーシング(CRT)で重症な心不全を改善することも可能です。

MAZE手術 : 心房細動は心臓の能力を低下させたり、脳梗塞など血栓塞栓症の原因になりますので、厳重な治療が必要です。
Maze手術という手術によって規則正しい脈に戻すことが出来ます。

ペースメーカーの例 MAZE手術
ペースメーカーの例 MAZE手術

末梢動脈疾患(まっしょうどうみゃくしっかん)

閉塞性動脈硬化症 下肢の動脈が狭窄、閉塞することで、様々な症状が出現します。

  • 1. 足先が冷たい
  • 2. 歩くにつれて足が痛くなり、歩けなくなる
  • 3. じっとしていても足が痛い
  • 4. 足の色が悪くなる

放置すると下肢を切断しなければならない場合もあります。
薬物治療、カテーテルによる血管形成術、バイパス手術によってほとんどの場合、治療が出来ます。
糖尿病、高血圧、透析など、全身の病気に伴う場合もあり、これらでは下肢切断に至る可能性が高くなります。
当科では積極的に下肢を守る治療(救肢治療)を行っています。

拡大画像を見る
拡大画像を見る
拡大画像を見る
拡大画像を見る
このページの最上段へ

Copyright (C) 近大医学部心臓血管外科 All Right Reserved.

近畿大学医学部 心臓血管外科